挿入 (insert) 、更新 (update) 、削除 (delete)

挿入 (insert)

INSERT INTO文を使い以下のような形でデータを挿入できます。括弧の中のカラム名の並びとそのデータとなる値は同じ位置に置く必要があります。

INSERT INTO table_name (column1, column2, ...) VALUEAS (value1, value2, ...);

values以下は,でつなげて書くことにより一度に複数レコードを挿入することができます。

INSERT INTO table_name (column1, column2, ...) VALUEAS
  (value1, value2, ...),
  (value1, value2, ...),
  (value1, value2, ...);

values に渡す値がない場合

すべてデフォルト値で入れたい項目しかない場合、VALUES (...)ではなくDEFAULT VALUESが使えます。

INSERT INTO table_name DEFAULT VALUES

更新 (update)

UPDATE文を使い以下のような形でデータを挿入できます。

UPDATE table_name set foo = 'updated foo';

上記ではすべてのレコードのfooカラムの値をupdated fooに更新してしまいます。更新データを絞り込むにはwhereを使うことができます。

UPDATE table_name SET foo = 'updated foo' WHERE id = 1;

これでid1のものだけを更新することができます。

また複数カラムを一度に更新したい場合はset以下の値の代入部分を,で繋げることで可能です。

UPDATE table_name
  SET foo = 'updated foo', bar = 'updated bar'
  WHERE id = 1;

削除 (delete)

DELETE FROM文を使い以下のような形でデータを削除できます。

DELETE FROM table_name;

これもUPDATEのようにそのままだと、そのテーブルのレコードすべてが対象になってしまうのでWHEREで絞ることができます。

DELETE FROM table_name WHERE id = 1;

これでid1のものだけを削除することができます。