関連

範囲(Struct std::ops::Range)は少し変わった演算子....=を使います。..start..endendまで(endは含まない)で、start..=endend以下の範囲を作ります。

assert!(!(0..10).contains(&10));
assert!((0..=10).contains(&10));

Range はIteratorも持っているのでforループで回すことができます。

for i in 0..3 {
  println!("{}", i);
}
// 0
// 1
// 2

JavaScript で飯食べたい歴約 5 年、 純( nju33 ) によるノートサイトです。

このサイトではドリンク代や奨学金返済の為、広告などを貼らせて頂いてますがご了承ください。

Change Log