静的ファイルを配信する

public/ディレクトリへ静的なファイルを置くとそれがそのまま配信されます。例えばpublic/foo.pngのようなファイルを置いたとすると、/foo.pngでアクセスできるようになります。

これは必ずpublic/でなければなりません。src/publicでは配信されないので注意しましょう。

.
├── public
│   └── cats.jpeg
└── src
    └── pages
        └── index.js
        

またnext@<9(バージョンが9より小さい)頃は、これはstatic/ディレクトリの役割でした。この2つの違いはstatic/では/static/foo.pngのようなファイルにアクセスするには/static/foo.pngとそのまま書かなければなりませんでした。