各ワークスペースに依存をインストール

lerna addコマンドを使います。

すべてのワークスペースに

単に後ろにパッケージ名を置くと、すべてのワークスペースにそのパッケージをインストールします。

# すべてのワークスペースに`lodash`をインストール
lerna add lodash

-Dオプションを付けるとdevDependneciesに追加です。

# すべてのワークスペースに`eslint`をインストール
lerna add -D eslint

限ったワークペースに

--scope <workspace-name>オプションを使います。

# `foo`ワークスペースに`lodash`をインストール
lerna add lodash --scope foo
# `foo`と`bar`ワークスペースに`lodash`をインストール
lerna add lodash --scope foo --scope bar

あるワークスペースパッケージを別のワークスペースパッケージにインストール

パッケージ名にワークスペースパッケージを置くと、それを依存に追加できます。例えば、foobarに依存しているなら、

lerna add foo --scope bar

とすることでfoodependenciesbarを追加できます。ワークスペース間の依存関係をちゃんとしておくこともlerna publishする時に重要になるので忘れずにlerna addしておくと良いと思います。