Mutations

queryと同じ箇所をmutationとすると、データの追加・更新・削除とそれらをした結果を取得する操作を行うことができます。

例えば以下は GitHub API v4 を使い、実際のあるリポジトリに Issue を作成するmurationです。

mutation CreateIssue {
  createIssue(input: {repositoryId: "...", title: "foo"}) {
    issue {
      title
    }
  }
}

結果は以下の通りです。

{
  "data": {
    "createIssue": {
      "issue": {
        "title": "foo"
      }
    }
  }
}

mutationの場合もqueryと同様構造はそのまま結果を取得します。