Orb

モジュールのように、あることをやるための機能をまとめたものです。使えるものは Explore Orbs にまとまってます。

Orb はトップレベルのorbs以下に持ってきたい Orb を置くことで Orb の中身が使えるようになります。キーは名前空間になり、以下の場合slack/と付けることでcircleci/slack@3.4.2の提供するコマンドなどを扱えます。

orbs:
  slack: circleci/slack@3.4.2
  

これで slack/notify のようなコマンドが使えるようになりました。

jobs:
  build:
    docker:
      - image: circleci/node:12
    steps:
      - slack/notify:
          color: '#42e2f4'
          message: This is a custom message notification
          webhook: 'Webhook URL'
          

結果

各 Orb の使い方は Explore Orbs からの各ドキュメントを読めるのでそれを参考に。