Executor

ジョブを実行する際の環境に関するアレコレを設定します。ここではsteps以外のすべての値をここに含めることができます。

executors:
  foo:
    environment:
      TOKEN: foobarbaz
    docker:
      - image: alpine
    working_directory: ~/repo

使う時はジョブ側のexecutorに展開したいエグゼキューター名を渡します。

jobs:
  build:
    executor: foo
    steps:
      - run: echo `pwd`
      # 上記は `/root/repo` と表示

もしジョブ側にエグゼキューターで定義済の値がある場合、ジョブ側の設定が優先されます。例えばジョブ側でもworking_directoryを設定した場合、ワーキングディレクトリは/root/overwriteになります。

jobs:
  build:
    executor: foo
    steps:
      - run: echo `pwd`
    working_directory: ~/overwrite