JSON Schema を YAML にも効くようにする

redhat.vscode-yamlという拡張が必要なので VSCode に入れます。

settings.jsonを開きyaml.schemasというプロパティを追加します。これのプロパティにはスキーマ定義 JSON へのパスや URL を設定し、値に対象となるファイルにマッチする文字列を書きます。

例えばこれはhttps://example.com/foo.jsonという所から取得できるスキーマをfoo.ymlに適用する例です。

{
  "yaml.schemas": {
    "https://example.com/foo.json": [
      "foo.yml"
    ]
  }
}

json.schemasの設定方法と違っているので注意。