複数の実行ファイル

Cargo のcargo runはビルドと実行を同時に行うためのコマンドです。単にcargo newで作成したプロジェクトでmain.rs(バイナリクレート)の実行はcargo runで行えます。しかし、cargo runだけで実行できるのは、プロジェクトにバイナリクレートが1つの場合だけに限ります。

複数のバイナリクレート

もし、1つのプロジェクトに複数のバイナリクレートを持ちたい時はsrc/bin/以下へ置きます。例えばsrc/bin/foo.rsというファイルを作ったとします。ここからはもうcargo runだけでは動きません。cargo run --bin <binary-crate-name>と名前を指定する必要があります。これは例えばcargo run fooのようになります。
ただし、src/main.rsに関してはcargo run mainではなく、cargo run --bin <package-name>とそのパッケージ名を指定して実行します。

複数の例

例を記述したファイルはexamples/に置きます。(src/examplesではない。)例えばexamples/foo.rsというファイルを作ったとします。このファイルは--example <example-name>で実行できます。

cargo run --example foo