真偽値

他の言語と同じようにtruefalseが用意されています。これはif構文により条件によって処理を分岐できます。

if (true) { 1 } else { 2 } // 1
if (false) { 1 } else { 2 } // 2

値の反転

boolean型の前に!を付けると反対の意味になります。

!true // false
!false // true