集約関数

集約関数を使うと、結果のある列のデータから演算を行い単一の結果を受け取ることができます。集約関数には、

  1. AVG
  2. COUNT
  3. MAX
  4. MIN
  5. SUM

などあります。

以下のようなデータが入ってるsandboxデータベースで動作を見ていきます。

 id | number
----+--------
  1 |    123
  2 |    343
  3 |    534
  4 |    513
  5 |    643
  6 |    141
  7 |    643
  8 |    981

AVG

AVGは列データの平均値を求めます。

SELECT AVG(number) FROM sandbox \gx
-- avg | 490.1250000000000000

COUNT

COUNTは列データの個数を求めます。

SELECT count(*) FROM sandbox \gx
SELECT count(number) FROM sandbox \gx
-- count | 8

MAX, MIN

MAXは列データの中での最大値、MINは最小値を探します。

SELECT MAX(number) FROM sandbox \gx
-- max | 981

SELECT MIN(number) FROM sandbox \gx
-- min | 123

SUM

SUMは列データすべての合計値を求めます。

SELECT SUM(number) FROM sandbox \gx
-- sum | 3921