Docker でローカルサーバーを建てる

Docker を使って以下のコマンドでローカルサーバーが建てれます。

# plantuml という名前で
# ローカルマシンではポート8080を使って、
# プロセスはバックグラウンドで、
# ローカルサーバーを建てる
docker run \
  --name plantuml \
  --publish 8080:8080 \
  --detach \
  plantuml/plantuml-server:jetty

localhost:58080で使えるようにしたい場合は--publish 58080:8080のように変えて実行します。

起動後http://localhost:8080/txt/SyfFKj2rKt3CoKnELR1Io4ZDoSa70000のような URL で正常に図が表示されれば大丈夫です。

ローカルサーバーが要らなくなった場合は以下で削除できます。

docker rm -f plantuml

# 以下は、
# 今はストップして、
# 必要な時再開
#
# docker stop plantuml
# docker start plantuml

VSCode の設定

VSCode の設定で以下の設定を追加すると、図の生成をサーバー側で行うようになりサクサク書けるようになります。

{
  "plantuml.server": "http://localhost:<port>",
  "plantuml.render": "PlantUMLServer"
}