シークレット情報

たとえ同じチームの人であっても生データを見られたく情報はnow secretコマンドで登録することで安全にnow.jsonの環境変数envなどに書けます。

now secret

このコマンドができるのは、

  1. add
  2. rename
  3. rm
  4. ls

の4つです。

add

シークレット情報を追加します。例えば、以下はfooという名前でcbTRc45FDを登録しています。

now secret add foo cbTRc45FD

rename

シークレット情報の名前を変更します。先程のfoobarに変えるなら以下のようにします。

now secret rename foo bar

ls

シークレット情報を一覧します。どれくらい前に登録したかも表示されます。

now secret ls
# name         created
# xxx          521d ago
# bar          2m ago

先程のbarが登録されていることが確認できました。

rm

シークレット情報を削除します。一連の確認が済んだbarはもう不要なので以下で削除します。
途中確認を聞かれるのでyと入力します。

now secret rm bar
# now> The following secret will be removed permanently
#   bar      3m ago
# > Are you sure? [y/y    

再度lsで無くなっていれば完了です!

now secret ls
# name         created
# xxx          521d ago

now.json で使う

envenv.buildなどにはシークレット情報が使えます。頭に@を置いて@<secret-name>のような形値を環境変数の値として置きます。

{
  "env": {
    "FOO": "@foo"
  },
  "env": {
    "build": {
      "BAR": "@bar"
    }
  }
}

now dev を使ったローカル開発

envenv.buildにシークレット情報を使っているプロジェクトで、now devすると.env.env.buildが要求されるようになります。

前セクションのような設定であればそれぞれ以下のような.envっと.env.buildを作ります。

FOO=開発用の値
BAR=開発用の値