• ..

Web Service

    Event Subscriptions を使うための認証の仕方

    まず指定したURLが404だったり、間違ったレスポンスの場合、以下の画像のようにエラーが表示されます。

    これは「俺たちが送ったchallenge値をそのまま返してくれよな!」というような意味です。つまり、{challenge: string}の形で返します。

    通すサーバーを建てる Express

    以下のようなサーバーを建てて、エンドポイントに slack-event.now.sh/event のようなURLを指定した後再度認証すると通ります。

    const express = require('express');
    const bodyParser = require('body-parser');
    
    app.post(
      '/event',
      bodyParser.json(),
      (req, res) => {
        res.json({challenge: req.body.challenge});
      }
    )
    
    app.listen();

    開発中はサーバーを、localtunnelngrokなどで一時的に晒したり、nowに上げたりすると楽です。

    コピペしたシングルクォートやダブルクォートがおかしくなる

    例えば、'をは付けたはずなのにに勝手に変わっちゃうようなやつです。ちなみに Mac OS の話です。

    そしてこれを使っちゃうとシンタックスエラーになったりします。

    Mac の設定だった

    Mac のキーボード設定にある「Use smart quotes and dashes」というのにチェックが入ってたら、これが原因かもしれません。

    僕の環境ではこれで直りました。

    アップロードした画像は圧縮処理されたりするのか

    4432737(4.2M)サイズの画像を使って、アップロードと再ダウンロードしてサイズ比較して確認しました。

    画像はこちらからダウンロードしました。 Pixabayの無料画像 - 子猫, ペット, 眠っている, 猫, 動物, 家畜化された, かわいい

    結果は無料プラン・有料プランどちらとも同じでどちらもアップロードしたものとまったく同じものでした。