• ..

VSCode

    JSON Schema 設定を追加する

    ローカルのsettings.jsonjson.schemasという項目を置きます。

    settings.json を作る

    VSCode はプロジェクトルートに置かれているvscode/settings.jsonファイルを自動で読み込み、設定に適用してくれるので、とりあえずこれを以下のような内容で作ります。

    {
      "json.schemas": []
    }

    この配列は、

    type Schema =
      | {fileMatch: string[], url: string}
      | {fileMatch: string[], schema: object}

    なオブジェクトで構成された配列になります。

    fileMatch

    fileMatchは文字列な配列で、その JSON スキーマを適用するファイルのパターンやパスを置きます。今回のようなローカルのsettings.jsonの場合は/はプロジェクトルートになります。

    [
      {
        "fileMatch": [
          "/foo/**/xxx.json",
          "/absolute/aaa/xxx.json
        ],
      }
    ]

    url

    スキーマファイルへのパスまたは URL を置きます。このパスの場合も、ローカルのsettings.jsonの場合は/はプロジェクトルートになりますので、/.../.../xxx.jsonのように絶対パスで指定します。
    URL の場合は、JSON スキーマを提供している URL を設定します。例えば、npm のpackage.jsonのスキーマであれば、http://json.schemastore.org/packageという URL を置くと良いです。

    [
      {
        "fileMatch": ["**/*"],
        "url": "http://json.schemastore.org/package"
      }
    ]

    schema

    これはurlプロパティを設定しない時に必要です。単に JSON スキーマをこのオブジェクトの中に記述していきます。

    [
      {
        "fileMatch": ["**/*"],
        "schema": {
          "type": "object"
        }
      }
    ]

    関連エラー

    Request vscode/content failed unexpectedly without providing any details.(768)

    自身のものを使う時はどこか参照できる URL などに置くと思いますが、その URL が302リダイレクトなどしている場合上のメッセージのように読み込んでくれません。これはリダイレクト先の URL を記述することによって直ります。

    僕の場合怒ったのは、npm に公開してunpkg.comから取得しようとした時です。https://unpkg.com/nju33/xxx/foo.jsonという URL はhttps://unpkg.com/nju33/xxx@0.0.0/foo.jsonのような URL へリダイレクトする設定となっていた為です。

    ちょっと不便ですね,,,