• ..

Postgresql

    Event Subscriptions を使うための認証の仕方

    まず指定したURLが404だったり、間違ったレスポンスの場合、以下の画像のようにエラーが表示されます。

    これは「俺たちが送ったchallenge値をそのまま返してくれよな!」というような意味です。つまり、{challenge: string}の形で返します。

    通すサーバーを建てる Express

    以下のようなサーバーを建てて、エンドポイントに slack-event.now.sh/event のようなURLを指定した後再度認証すると通ります。

    const express = require('express');
    const bodyParser = require('body-parser');
    
    app.post(
      '/event',
      bodyParser.json(),
      (req, res) => {
        res.json({challenge: req.body.challenge});
      }
    )
    
    app.listen();

    開発中はサーバーを、localtunnelngrokなどで一時的に晒したり、nowに上げたりすると楽です。