Expo を使った環境構築

expo コマンドを開発マシンにインストール

コマンドのインストールは以下でできます。

yarn global add expo-cli

expoコマンドが使えるようになりました。では、そのinitコマンドを実行します。テーマはとりあえずworkingテキストだけが表示されるblankでいいと思います。

~/test expo init <PROJECT_NAME>
? Choose a template: (Use arrow keys)
❯ blank
  minimum dependencies to run and an empty root component
  tabs
  several example screens and tabs using react-navigation

依存のインストールなどもすべて終わったらPROJECT_NAMEへ移動し、yarn startしましょう。

このようなページが開けば開発マシン側は完了です。

expo アプリをスマホ端末にもインストール

これはそれぞれ以下から入れておきます。

入れれたら、開発マシンのQRコードをスマホで読み込みます。

開くとビルドがはじまるのでしばらく待ちます。そして以下の画面になったらスマホ端末側も環境構築完了です。

リモートサーバーを使って環境構築

例えば EC2 などでexpo startしてそこに接続して見たい場合です。これには--tunnelオプションフラグを使います。

yarn start --tunnel
# expo start --tunnel

すると、exp://nt-hdb.anonymous.<dir-name>.exp.direct:80というような URI が発行されるのでローカルからそこにアクセスするだけです。