• ..

Figma

    fs

    プロミス化

    utilモジュールのpromisifyでラップすることでPromise関数化できます。

    const {promisify} = require('util');
    const {readFile} = require('fs');
    
    const readFilePromise = promisify(readFile);
    

    readFile

    あるディレクトリ上にあるファイルやディレクトリ名の一覧を取得します。

    fs.readFile('./package.json', 'utf-8', (err, content) => {
      if (err === null) {
        // `Error: EISDIR: illegal operation on a directory` など
      }
    
      console.log(content);
      // {"name": "...", ...}
    }
    

    画像などを読み込む時は、utf-8指定はいりません。

    fs.readFile('./static/logo.png', (err, content) => {
      // ...
    }
    

    readdir

    あるディレクトリ上にあるファイルやディレクトリ名の一覧を取得します。

    fs.readdir('.', (err, list) => {
      if (err === null) {
        // `Error: ENOENT: no such file or directory` など
      }
    
      console.log(list);
      // [
      //   '.git',
      //   ...
      //   'yarn.lock'
      // ]
    }