履歴が空っぽのブランチを切る

例えば、最初から初めたいけど一応履歴としても残しておきたいような時に。

これには、--orphanという聞き慣れないフラグを使います。

git checkout --orphan NEW_BRANCH_NAME

これに成功すると履歴は空っぽでかつ依存のファイルがすべてgit add --allしたような状態になっていると思います。ファイルを使うならそのままでいいですが、ファイルも削除したい場合は、

git rm --rf .
rm -rf *

で空っぽにできます。