独自のグローバル変数を許可する

独自のグローバル変数とは、いきなりコード上に現れる本来のグローバルオブジェクト(windowなど)には存在しない値のことです。

例えば以下のような場合に現れる可能性があります。

  • <script>の中のコードで変数定義で追加された値
  • Webpack のプラグイン(ProvidePlugin等)で定義された値

これらで定義された値をいきなりコード上で使うと ESLint (eslint-loader)によりReferenceErrorが起こされる可能性があります。

あるグローバル変数は許可させる

これを直すには.eslintrcglobalsセクションを追加します。その値はオブジェクトを置き、構造は{グローバス変数名: true}のような形です。
例えば、foobarというグローバル変数を許可したいなら

{
  "globals": {
    "foo": true,
    "bar": true
  }
}

のような設定になります。