日本語化

Material UI でデフォルトで扱われる言語は英語になります。
例えば@material-ui/lib/Alertコンポーネントには、onCloseプロパティを渡すとcloseIconが表示されます。このアイコンはしばらくホバーすると「Close」というテキストが表示されます。

Material UI はこのようなテキストをまとめて日本語化する API を用意してます。それにはcreateMuiThemeユーティリティの第2引数にロケールオブジェクトを渡して使います。

日本語のロケールオブジェクト自体は、

import {jaJP} from '@material-ui/core/locale';

で取り込んで使うだけなので、これをcreateMuiThemeへ渡すだけで日本語化できます。
このロケールオブジェクトにはかなりの数が用意されているので公式サイトを参照してください。

あとはこのように 作ったテーマをThemeProviderへ渡してコンポーネントを使うだけです。

import React from 'react';
import Alert from '@material-ui/lab/Alert';
import {
  createMuiTheme,
  ThemeProvider
} from '@material-ui/core/styles';
import {jaJP} from '@material-ui/core/locale';

const theme = createMuiTheme({}, jaJP);

export default function App() {
  return (
    <ThemeProvider theme={theme}>
      <Alert
        severity="error"
        onClose={() => {}}
      >
        error text
      </Alert>
    </ThemeProvider>
  );
}

「Close」から「閉じる」へ変わっていれば大丈夫です。