真偽値の設定

type:booleanを置くとtruefalseを期待するという意味になります。

デフォルト値

defaultオプションを置くと、VScodeなどではプロパティ名を確定した時点でこの値も置かれるようになります。

{
  "type": "boolean",
  "default": false
}