Operation name

クエリの場合、色々省くと以下のようになります。

{
  viewer {
    login
  }
}

これは頭のqueryが省かれてます。

query {
  viewer {
    login
  }
}

上記は無名なqueryになってます。query名前を付けることができ、その場合はqueryの後に置きます。
この名前は公式に習いアッパーキャメルケース( UpperCamelCase )で定義します。

query User {
  viewer {
    login
  }
}

queryの箇所は、操作によってmutationsubscriptionに置き換わります。