Fields

オブジェクトの{}ブロックの中に置いた、取得したい値のことをフィールドと呼びます。

以下の例 GitHub API v4 を用いたもので、viewerというオブジェクトからloginというフィールドを取得する為のクエリです。

{
  viewer {
    login
  }
}

この結果は以下のようになります。

{
  "data": {
    "viewer": {
      "login": "nju33"
    }
  }
}

レスポンスはルートがdataな JSON で受け取ります。

複数フィールドを希望することもできます。例えばviewerにはbioemailといったフィールドも存在します。「bioもほしいなー。」、「emailはいらない」なら以下のように更新します。

{
  viewer {
    login
    bio
  }
}

何となくフィールドの後ろに,を付けたくなる人がいるかもしれませんが、これは必要ないです。ただしlogin,と付けても許容されます