どの環境で実行するか: runs-on

ジョブ毎にどの環境で処理を実行するか指定するものとしてruns-onがあります。これが取りうる値は2020年1月現在以下の通りです。

  • ubuntu-latest,ubuntu-18.04 Ubuntu 18.04
  • ubuntu-16.04 Ubuntu 16.04
  • windows-latest Windows Server 2019
  • macos-latest macOS Catalina 10.15

例えば以下のようになります。

jobs:
  build:
    runs-on: ubuntu-latest

複数の環境で実行

ビルドマトリクスjobs.<job>.strategy.matrixを用いることで、1つのジョブステップを別々の環境で複数回実行できます。例えば、

jobs:
  build:
    runs-on: ${{ matrix.os }}
    strategy:
      matrix:
        os: [ubuntu-latest, ubuntu-16.04]  

のようにするとubuntu-18.04ubuntu-16.04の2環境で検証できます。