origin 以外の名前で clone する

git clone <url>と実行すると、そのリモート URL にはoriginという名前が付けられます。これにより最初は何も設定せずともgit push origin ...のようにpushできるようになり便利な機能ですが、時々originでは持ってきたくない場合があります。例えば、originとなる予定とは別の場所からまずcloneしてきたい場合などです。

git cloneには-o, --originオプションがありここでリモート URL 名を設定できます。例えば以下で持ってくると、

git clone <url> --origin foo

リモート情報は、

foo <url> (fetch)
foo <url> (push)

になります。

つまりgit clone <url>git clone <url> --origin originとしてるのと同じという訳ですね。