GitHubのプルリクページをCLIから開く

これはhub(github/hub)に依存してます。
Macの人はbrewで入れれます。

brew intall hub

実例

以下で開けます。

hub browse -- pull/${PULL_NUMBER}

PULL_NUMBERは見たいプルリクのidです。
ただ多分プルリクのidは覚えてないことが多いのであまり使えないですが、GitHubはPULL_NUMBERがブランチ名の場合自動でidに変換してくれる仕様があります。つまり、こんな感じでいけます。

hub browse -- pull/${BRANCH_NAME}

よく使うものとして、今いるブランチのプルリクを開きたいと思うかもしれませんが、それはこうします。git rev-parse --abbrev-ref HEADは今いるブランチ名を取得しています。

hub browse -- pull/`git rev-parse --abbrev-ref HEAD`

bashエイリアス

こんな感じで登録すると便利か…も?

function openpull () {
  current_branch_name=`git rev-parse --abbrev-ref HEAD`
  hub browse -- pull/${1:-$current_branch_name}
}
alias openpull=openpull

openpull 
# 現在のブランチで開く
openpull foo
# fooブランチで開く