コンフリクト時に自分(相手)が持っている内容をそのまま使う

コンフリクト時に対象のファイルでは「自分の内容使う?それとも相手の内容?はたまた両方?」のように聞かれます。その時に手動でファイルを更新してもいいですが、見るまでもなく明らかな時、git checkoutで解決できる方法があります。

それには--ours--theirsオプションを使います。oursで「自分の持ってる内容使ってね」、theirsでは自分じゃなく相手になります。

foo.txtがコンフリクトを起こしてるとします。どちらかを採用する時が明らかな時は以下のようにすると良いです。

git checkout --ours foo.txt
git checkout --theirs foo.txt